FC2ブログ

ソラトブログ

キャビンアテンダントゆーこがフライト日記やオフの過ごし方をご紹介。 客室乗務員(CA)になりたい人もなりたかった人にも。脱力系ゆーこと、一緒にソラトブ気分を味わいましょ♪
No  1454

お医者さんと客室乗務員。

午前中点滴を打ってもらってきました。
インフルエンザの診断をしてくださった耳鼻科ではなく別の内科で。

耳鼻科の先生、一言で表すと不親切。
話もほとんど聞かず、質問にも適当に応え、はぃ、次!みたいな感じで、、
生まれて初めてのインフルエンザで
頭もぼーっとしていて不安で、、
そんな私には全く「いい医者」とは感じられなかったので、
次はちがう所に行くって決めてました。

内科の先生、慌ただしい感じの先生だったけれど、
「ひとりで寝込んで不安だったでしょう、、」
って、いつもの声かけかもしれませんが
心にきゅーって響いて、涙がポロポロでてきました。
点滴中も先生自ら様子を見に来てくださったり
ちょっとした世間話をしてくださったり
そんなほんとにちょっとした事が、
身体も心も弱ってる時には有難いんです。

ほんとに一言で印象って変わるんだなって
客観的にも感じました。

「対 ひと」って意味では客室乗務員も一緒。
色んな想いで飛行機で出会うお客さまたちに、
ちょっとした思いやりの言葉を
惜しまずにお伝えしたいなって
改めて感じる事が出来たような気がします。


なんて、、、
ほんとは早く治れーって
落ちてるところ
なのでしたー。。


久々の外出。イチゴとアボカド。
全部食べたら治るかな。。
スポンサーサイト




別窓 | プライベートタイム | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<異動の時期。 | ソラトブログ | インフルエンザ>>

この記事のコメント

No.744
みんな一人じゃない。
どこかで必ず誰かが見守っていてくれる。
本当にそう思います。

「なんでもっと早く病院に来なかったの」
と言われていたらどうでしょう。
その言葉が刺さり、違う一日になっていたかもしれません。

犬はしゃべれない。
だから最大級の表現で気持ちを表す。

人間は豊かな言葉を操ることができる。
相手の奥の奥の深いところ、その日の体調や表情を見極めて最大の思いやりと尊敬をもって言葉を発する。

だからいまのゆーこさんに言いたい。

「たくさんフルーツ食べて早く元気になって」

カラフルなフルーツのように色鮮やかにキラキラしている姿が似合うはずです。







2013-02-27 Wed 00:49 | URL | 波乗れないジョニー #KXQ9Xfcc[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ソラトブログ |